薬剤師の仕事あれこれ

■薬剤師の仕事を知ろう

薬剤師というのは、実は国家資格です。ですから、試験自体も難しいことはもちろん、受験できるようになるまでのハードルが高いことでも知られています。ただし、一度取得することが出来れば、その後は安泰と言ってもいい資格でもあります。国家資格ですから、一生使い続けることが出来るものです。

ちなみに、薬剤師の仕事というのは、病院や調剤薬局で働くのが主なものとなります。どちらで働くにしてもやることはそこまで変わらないですが、薬の調合を例にしてみると、患者さんの命に関わるような仕事になりますから、その分慎重さが求められることになります。また、それに対してのやりがいも十分にあると言っても良いでしょう。

ちなみに、病院で働く場合には、それなりにハードさがあります。ただし、病院勤務を希望するという人が多いこともあって、新卒から働く人が多いのも大きな特徴であると言えます。

調剤薬局の場合、コミュニケーションスキルが求められる点もあります。コミュニケーションが好きという人にとっては向いている仕事だと言えるでしょう。忙しさに関しては併設している病院の忙しさによって変わってくる点があります。大学病院の場合であれば、診療科のすべての薬を使うことになりますから、それなりの知識を求められることになります。そういった点においては、十分なやりがいのある仕事だと言えます。仕事の長さについても、どんな病院が近くにあるのかによって変わってきますから、そこはある程度不規則かもしれません。

こういった仕事について、ここではもう少し詳しく紹介します。


【管理人おすすめ外部リンク】
薬剤師という職業柄、転職しやすいのも特徴の一つです。薬剤師の転職情報を専門的に扱っているサイトがありますので、ご紹介します